ツカレナイン(TSUKA09)が良く効くスポーツとは?

ツカレナイン(TSUK09)がスポーツの疲れを取ったり、パフォーマンスを上げてくれることはよく知られています。しかし一口にスポーツといっても種類が多いので、ツカレナイン(TSUKA09)の効果が高いもの、低いものと別れるかと思います。

 

自分の好きなスポーツをするのが一番いいのですが、よりツカレナイン(TSUKA09)の効くスポーツを選ぶと、今よりもっとスポーツが楽しくなると思います。

大きいジャンル分けでツカレナイン(TSUKA09)の効果を考えてみる

運動のジャンルを大きく(有酸素運動・無酸素運動・ストレッチ)の3つに分けてどれが最もツカレナイン(TSUKA09)が効くのか考えてみようと思います。

有酸素運動

ツカレナイン(TSUKA09)の口コミでも多いのがマラソンです。なぜマラソンランナーで使用する人が多いのでしょうか?

 

それはツカレナイン(TSUKA09)の効果によるところが多いです。活性酸素の除去が最も大きな効果なのですが、マラソンはその活性酸素がよく出るスポーツとして有名です。

マラソンで活性酸素が出やすいのは何故?

共通の活性酸素が出る理由として、激しい運動が挙げられます。マラソンはそこまでの高負荷というわけでは無いのですが、他のスポーツと大きく違う点は運動時間が長いということです。1回のトレーニングで30分〜1時間くらいされる方が多いかと思います。

 

低負荷ですが、その分時間が他のトレーニングと違いますので、結果として活性酸素は大量に出てしまします。

実は紫外線も・・・

紫外線も活性酸素を発生させてしまいます。コチラも浴びる時間が長ければ長い程多くなります。炎天下の下でフルマラソンとなると、活性酸素の量は計り知れません。

(フルマラソンの平均タイム→男性:4時間40分 女性:5時間10分)

やはりマラソンが最もツカレナイン(TSUKA09)をお勧めするスポーツといえるかと思います。

 

 

無酸素運動

筋肉トレーニングをはじめとした無酸素運動に、ツカレナイン(TSUKA09)は効果があるのでしょうか?

 

活性酸素自体は、ハードな運動で大量に出ることが知られています。筋トレのようなハードなトレーニングですと、活性酸素は当然発生してしまいます。

 

ですが筋トレは、インターバルの休憩時間が意外と長いので、実際に運動している時間は少ないことが多いです。あとは室内で行うことが一般的なので、紫外線の心配がありません。有酸素運動より無酸素運動の方が活性酸素が少ないと言えるでしょう。

ストレッチ

実はヨガを始めとした柔軟やストレッチには、活性酸素を減らす効果があると言われています。活性酸素の中でも特に体に悪影響を及ぼす、悪玉活性酸素を抑える効果が高いです。

 

理由としては、ストレッチには体内にある良質なミトコンドリアを増やすといった作用があるからなのです。

ミトコンドリアと活性酸素の関係とは

ミトコンドリアの中にも質の良いミトコンドリアと、質の悪いミトコンドリアがあるのをご存知でしょうか?実はこの質の悪いミトコンドリアが活性酸素を生む原因と言われているのです

 

タバコやストレスなど、生活習慣の乱れからも質の悪いミトコンドリアは生まれてきます。では対策として質の良いミトコンドリアを増やしたいところです。

質の良いミトコンドリアはどうやって増やす?

まず、ミトコンドリアが沢山ある体の部位を知っておく必要があります。それは背中の筋肉や太ももの筋肉に多いです。共通の事として、筋肉の種類が遅筋という点です。

遅筋とは→持久力に特化した筋肉で、マラソンランナーに多い筋肉です。脂肪をエネルギーとして使うことが出来、ダイエットの際に効果的です。

ヨガやストレッチで伸ばす筋肉は全て遅筋になります。しかも日常生活では使うことのない筋肉の動きを行いますので、良いミトコンドリアが非常に活性化されるのです!

ストレスで活性酸素は倍増

ストレスを感じると、脳からストレスホルモンのコルチゾールが分泌されます。

 

このコルチゾールが多く分泌されますと、活性酸素を弱める酵素である抗酸化酵素があまり働かなくなってしまうのです。よって活性酸素の影響をまともに受けてしまいます。

 

運動をする上で特に気をつけなければいけないことが、ダイエットなどの目的のために嫌々運動をしてしまうパターンです。この場合、ストレスという認識になってしまい、コルチゾールが分泌されます。そこでおススメなのが、運動の種類を変えることです。やはり運動は楽しく続けたいですもんね。

 

トップアスリートも愛用中!ポリフェノールでツカレナイン

 

活性酸素を除去してるのはオリゴノール!

ツカレナイン(TSUKA09)に含まれるオリゴノールのおかげで、活性酸素を除去することが可能です。この活性酸素が疲れの原因となっていますので、これを除去する必要があるのです。

 

特に運動後は活性酸素が大量発生!そこでツカレナイン(TSUKA09)を飲むわけですね♪すると運動で活性酸素が発生するそばから除去できますので、やはり運動後に飲むと疲れが残りにくく体力UPへ繋がります。

まとめ

運動別にツカレナイン(TSUKA09)を考えてみますと、活性酸素の発生が多ければ多い程ツカレナイン(TSUKA09)もより効果的に効くようになります。特にマラソンを筆頭に有酸素運動前に飲むと最も効果的です。

 

ツカレナイン(TSUKA09)を飲んで活性酸素を除去することも、もちろんおススメですが、日常生活の一工夫で発生する活性酸素の量自体を減らすことが重要です。